• どこでも読書が楽しめる電子書籍

    電子書籍は、書籍が電子データとして作られ、様々な端末から読めるようにした物です。
    たいていの電子書籍は、本を読むためのタブレットの形状をした専用リーダーがなくても、インターネットに繋げられるパソコン、スマートフォン、タブレットがあればどの場所でも、時間を気にすることなく読めます。インターネット回線が必要なのは、サービスサイトから書籍データをダウンロードする必要があるからです。
    専用リーダー以外の機器には、アプリを導入することで読書が可能になります。

    サービスサイトと紐付けしてアプリが必要になるため、複数の種類のサイトを利用する場合には、その分だけアプリを導入する必要があるでしょう。



    電子書籍を利用するには、アプリを起動させます。

    初期画面では、書庫に当たるライブラリーの画面になり、利用料金を払ってダウンロードした書籍が表示されます。



    購入して書籍を取り込んだ場合には、書庫画面を同期させると、新しい書籍が追加されているでしょう。

    実際の書籍のように、保管場所も必要ありませんので、好みの本をたくさん揃えることも可能です。
    絶版になった古い書籍も電子書籍には揃えられていることも多く、読みそびれた本や、買いそびれた本も入手しやすいでしょう。

    読書好きな方の場合は、冊数が多くなって画面の動きが遅くなることもあります。

    サービスサイトによっては、起動する度に同期させず、保管庫に入れっぱなしにすることも出来る場合がありますし、削除をしてもサイト側に申し入れれば、再び閲覧できるように設定できる場合もあります。