• 電子書籍の普及状況について

    書籍が売れない時代になったといわれています。
    実際、廃業する書店も少なくありません。



    スマートフォンの普及に伴って電車の中で文庫本を読む人も少なくなってきました。活字離れという状況です。

    こういったなか、逆に普及しはじめたのが電子書籍です。


    文庫本等の販売縮小に反比例するように電子書籍の販売数は右肩上がりの増加傾向にあります。



    電子書籍はパソコンやスマートフォンを通じて書籍のコンテンツを購入し、自分の好きな時間に読むことができるという電子ブックです。


    発売当初はパソコンやスマートフォンでは文字が読みにくく、普及することはないだろうといわれていましたが、パソコンやスマートフォンも電子書籍を読んでいても疲れにくいようなスタイルに進化してきており、それに伴って広く普及するようになりました。
    普及に伴って、コンテンツの価格も低下してきており、書籍として購入するよりも安いので、電子書籍を選ぶという方も増えてきている状況です。



    書籍の形が変わってきた、ということでしょう。
    ただ、文字を読む、文字に親しむという習慣であることには変わりありませんので、読書の習慣として購入する人がいることは望ましいことといえます。


    出版社サイドも新たな市場と考えており、電子ブック限定の出版物を販売したり、電子ブック購入に伴う付録をサービスしたりと積極的に商機として活用する姿勢が見られます。

    こういった状況は今後も続くことが予想されるところです。